キーワード 陰陽言詞 -総覇陰陽連 特別監修-

傘下(さんか)


いずれかの家に所属して、任務に従事する陰陽師の総称。各家は宗家とその血縁である分家、傘下で構成されており多くの場合、血縁はないが各家に属する者を傘下と呼ぶ。天将十二家など、格の高い家は傘下の数も多く、また当主と共に重要任務にあたる実力者が顔を揃えている。各家によって割り当てられる任務や気風にも大きな差があるため傘下は、自らの能力を最大限に発揮できる家を選んで職に就くことが多い。いずれの家でも当主は憧れと尊敬の対象であるが、その信頼が損なわれると傘下が減少することも。
イメージ画
【陰陽世界】