キーワード 陰陽言詞 -総覇陰陽連 特別監修-
【陰陽世界】

雛月の悲劇(ひいなつきのひげき)


2年前、雛月寮を舞台にして起った事件。“禍野”から現れた十数匹のケガレが寮を襲い、そこにいた候補生18人のほとんどが死亡したと言われている。だが、実際は寮生の一人であった石鏡悠斗が候補生をケガレ堕ちの実験材料として儀式に利用。彼らをケガレに変えてしまったことにより引き起こされたのであった。その中で、ろくろと悠斗だけがケガレの力を自らに宿すことに成功し、辛くも生還。まさに陰陽師の禁忌を破る重大な事件で、その真相は悠斗の生存が確認されるまで伏せられてきた。同時に、渦中の中で生き残ったろくろや、事件後の現場を目の当たりにした清弦、兄の悲報を耳にした紅緒など、関わった多くの人の心に深い傷を残している。
イメージ画