キーワード 陰陽言詞 -総覇陰陽連 特別監修-
【陰陽世界】

呪装(じゅそう)


陰陽師達が体内に宿す特殊な気である“呪力”を武器や防具に纏わせる行為を、“呪装”と呼ぶ。ケガレには地上の武器が通用せず、その攻撃を防ぐ装備も存在しない。そのため、呪装を施した武具のみがケガレに対抗する唯一の手段とされる。呪装の効力は、そこに込められた呪力の大きさに比例するため、大きな呪力を込めればより強力な攻撃を繰り出せる。だが、呪力には限りがあり、呪装を留めておくのにも呪力が必要となるため、その配分とコントロールは戦いの生命線となる。さらに複数の呪装を同時に行う“連装”という技術もあり、攻撃用と防御用、最低2つの連装が可能なことが禍野で戦う必要条件だと言われている。
イメージ画